横浜市の矯正歯科なら、野村矯正歯科クリニックへ!

医療法人社団 野村矯正歯科クリニック

予約・お問い合わせ電話番号 045-784-8241

  ホームホワイトニング
医療法人社団 野村矯正歯科クリニック
予約・お問い合わせ電話番号 045-784-8241

乳歯の反対咬合について No2

2008年08月29日

乳歯の反対咬合は、自然治癒が期待できるし、簡単な器具(オーラルシールド)で治ってしまうことが多いようです。

ただし、顎が左右にずれていて交叉咬合になっている場合は、注意が必要です。
永久歯になってもその状態が続くと、顎の変形を起こす可能性があります。
上下の前歯の真ん中(正中線)がずれているので、分かりますね。

顎がずれている原因は、上顎の横幅が狭いか、どこかの歯に誘導されている場合が考えられます。
専門医に相談して、原因を解決して下さい。
大掛かりな治療を行うわけではありませんから、安心してください。
null
null


乳歯の反対咬合について No1

2008年08月25日

乳歯の反対咬合はどうしたらよいでしょう。
乳歯列は2歳から6歳までくらいです。小さいお子様なので、いつ歯医者さんに相談したらよいか 悩むところだと思います。

まず、自然治癒の可能性があります。
そのまま自然と治る場合や、永久歯に生え変わる時に治ってしまう場合があります。
自然治癒の条件としては①反対になっている歯が4本以内②反対の程度が軽い(浅い)③顎を強制的に押すと、上下の前歯が合うところまで下がる が目安です 

自然治癒が望めない場合は、何らかの治療が必要です。まだ小さいお子様には、ストレスがかかるような治療はお勧めしません。
私は、まずオーラルシールドを使っていただいています。これは、口腔環境のバランスを整え、正常な顎の発達を促進します。

就寝時にはめているだけで、乳歯列の反対咬合はかなり改善されます。
永久歯に変わった時に、またその後の治療を考えますが、本格的な矯正治療をしなくてすむかもしれません。そうなったら、あーよかったと思いませんか。
null
null